スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

湊君強気

 正午、私は大門にあるスターバックスに行った。増上寺の門を抜けたところの左側にあり、そこはオープンカフェにもなっている。

 先に夢香姫が来て待っていた。通りから西側の空を見上げると、そこには東京タワーが見える。

 サンドウィッチとミネラルウォーター。私はホットココアを飲んだ。木谷先生の奥さんが描いた新作の絵本を彼女に渡す。

 あ、それよりもお昼の食事タイムにわざわざ私が彼女に会いに行く必要はないのだ。第三者からすると、そういう印象を持つはず。

 え、なんだ、あの2人。毎日、会っているの? となる。私は1週間に1回、月曜日から金曜日のうち1回はランチタイムをいっしょにとることを自分で決めたのだ。

 真ん中の水曜日が一番いいかもしれない。そうすることで彼女の精神状態がプラスに作用するからだ。

 私は自由人なので、それぐらいのことはしてもいいのではないか。当然、彼女もそのことを喜ぶ。一石二鳥とはこのことである。

 いいんじゃないの。そう思うけどなあ。彼女と別れたあと、私はぶらっと映画でも見に行く。それもありである。

 ということで、私は有楽町に出て映画「光州5・18」を見た。シネカノン有楽町2丁目という映画館。

 JR有楽町駅のすぐ前にある。1980年5月18日、民主化を求めて立ち上がった光州の市民が、軍と市街戦を展開して大きな悲劇を招いた話。

 当時、韓国のマスコミはそれを正しく報道しなかった。軍事政権下だから仕方がない。今から28年前の話。

 実をいうと1980年5月19日は、私が大阪から東京に出てきてベースボールマガジン社に入社した日なのだ。


 映画を見終わると、夜は谷賢と湊君が文章を書いてくる日なので飯田橋にあるデニーズに行く。彼女もいっしょだ。

 谷賢は時間通り、7時過ぎにいつも来る。ところが湊君が来るのは毎回、8時をまわってからだ。

 原稿が完成していない。それが原因。待ちくたびれた私はついつい寝てしまった。うとうとうと、というやつである。

 まったくアチャーだ。私が眠っている間、谷賢と湊君と彼女は3人で大いにバカ話をしたようなのだ。

 なんとあの谷賢が、満員電車の中で野郎は困るよね。ちょっと何かあったら痴漢と間違えられる。たとえば、女性と体が隣接すると思わずナニがボッ起してしまうというのだ。そんなことを女性の前でよく話すよなあ。

 これもすべて私が寝ていたせいだ。湊君は現在、就活中。ただし、1社ごとにしぼって受けている。

 それを聞いた谷賢は、もっと掛け持ちして会社を受けた方がいいんじゃないの。それってさあ、火縄銃で戦争をしているようなもの。火打石で火をつけて、それからタマを打っていたら時間がかかる。

 次のタマをセットするまでに敵が襲ってくるよ、というのが谷賢の意見。谷賢、お前、うまいたとえ話をするなあ。

 その通りだよ。就活も連発銃方式の機関銃を使えか。湊君、これは谷賢のアドバイスに従った方がいいよ。


 目がさめた私は谷賢に「内博(ウチパク)さんに電話してみろ」と命令。谷賢が内博さんと電話したあと、湊君にかわった。

 するといきなり大学生の湊君が、大先輩の内博さんにダメ出しをしたのだ。「せっかく“苦手”という課題で文章を書いたそうなのに、なぜそれを今日、提出しないんですか? たとえ書いたものが一定のレベルを満たしたものでなくても、書かなかったことに比べると絶対にいいことなんですから・・・」。

 あの大学生の湊君が、41歳になった内博さんに堂々とそんなことを言ったのだ。これには私も彼女も腹をかかえて大笑いした。

 いいぞ湊君、もっと言えである。君は正しい。間違っていない(笑い)。ああ、面白かった。最高である。


 突然、人見君、参上。仕事で書いた文章を持ってきて、それを私に添削して欲しいと言った。わかった。

 その場で読んで感想を述べる。人見君、たまには君も立石に遊びにこい。話をしよう。いや、話はした方がいい。

 それがストレス解消になるのだ。しゃべれば気が付くこと、確認できることがいっぱいあるしね。お、谷賢、ところでダチキン先生は今頃、何をしているんだろうねえ。

 「そのへんでボクたちのことをのぞき見してみているんじゃないですか?」

 その10分後、ホントにホント、ダチキン先生がひょこっと我々の前に現れたのだった。今日一番のアチャーである。未納になっていた文章講座の授業料の1回分を私に渡した。

 私の方から絶交宣言していたのに、これで和解成立。バンザーイである。人生はいつだって面白すぎる。毎日がプチプチプチドラマの連続だ。


 9時40分、急に夢香姫の調子が悪くなった。頭が痛いという。笑いすぎたからかも(笑い)。笑い疲れか。席を立ってJR飯田橋の駅へ向かう。くも膜下をやって頭を2回、切開手術をした。その頭には、今でもチタンがはいっている。

 10時50分、彼女が家に帰宅した頃をみはからって電話をする。何度ケイタイに電話しても会話ができない。電波障害だ。7,8回それを繰り返したあと、それでやっと正常に話すことができた。

 これももしかするとチタンが影響しているのかもしれない。意外と落ち着いていた。安心する。前の日、私は彼女に手紙を出していて、それがうまくこの日、届いていた。

 その手紙を見て気分がよくなったようだ。よかった。ウン、すべては何もかも運さ。成り行きさ。他人本願さ。なるようにしかならない。

 それをわかっていて、人生を受け身の精神で楽しむ。人生に受け身をとれなのだ。人はオギャーとこの世に生まれた瞬間から、最初の受け身が始まった。

 そこに宇宙があった。そこに世界があった。そこに家族がいた。そこに両親がいた。それよりももっと大変なのは、そこに時間という概念があったことである。そのすべてに対して受け身を取ることから人生はスタートする。

 生と死の二つにも受け身をとらなければならない。アチャーだ。今日の“四字熟語”は、湊君強気にする。なんといっても、内博さんに対して彼は初めて一本取ったもんね(笑い)。


ターザンカフェより)

★実践文章講座in博多 7/9(水)14:00〜 福岡市中央区荒戸3−4−16 九コンビル2Fセミナールーム *飛び入り参加、大歓迎です。今回のテーマ「苦手」についての作文を書いてお持ちください。(850字)

★7/14(月)ロフトプラスワン
格闘技トーク最強タッグ!!
格闘ホームレス・ターザン山本!と吉田豪の格闘二人祭り!!〜08’夏〜
全格闘技ファン絶対必見!!話題騒然の格闘技トーク最強タッグ、ターザン&豪が毎回乱入するマル秘豪華ゲスト陣とシュートで激突する大ブレイク暴走ガチンコ格闘技トークバトル!!今回は誰が乱入するのかっ!?【出演】ターザン山本!&吉田豪、豪華マル秘ゲスト達乱入!!Open18:30/Start19:30前売\2500/当日未定(共に飲食別)(※お恵みフリー)前売はローソンチケットにて6/14発売開始(Lコード:34945)

★ ターザン山本! のポッドキャスト:http://tarzanpod.cocolog-nifty.com/blog
★ 有限会社ターザンギャルドHP http://www.tarzan-garde.com/index.html


<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.