スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

交際宣言

・何かが変わりつつある!



 今日はみなさんにいい知らせをお届けする。

 30日の午後7時、歌さんから「『二毛作』に来て欲しい」という電話があった。

 自転車で行くとそこには、八兵衛こと木村君と、ノトヤ姉妹の妹さん、実穂(みほ)さんがいた。

 なんだろう。ウン、びっくりしたなあ。

 歌さんと実穂さんが付き合っているという交際宣言をしたからだ。

 私は八兵衛に言った。

 これはサマーナイトサプライズ、いやサマーナイトミラクルだと。

 そういうと八兵衛も納得したように「自分もそれはうれしいです!」といって喜んでいた。

 まさしくこの夏一番の出来事だ。この展開はさすがの私も予想できなかった。歌さんと出会って8年。

 ついに意中の人が現れたか。歌さんも辛抱強いなあ。まずはとりあえず「おめでとう!」である。ジントニックで私は乾杯した。

 はっきり言ってすごく2人はいい雰囲気である。そんなことは見たらすぐにわかる。歌さんが幸せそうなところが私としてもうれしい。

 もうそれ以上のことは何も言う必要はない。聞く必要もない。

 よし、わかったの世界である。あとは2人で自由にしろ。

 本人のいないところではネタにさせてもらう。これはネタになるなあ(笑い)。みんなもそう思うだろう。

 ここ当分、主役は歌さんだ。私の周辺の野郎たちは、浮いた話がとんとなかったが歌さんが先頭を切った。

 これもやっぱり5月末から働きに出たのがよかったのかも。人生、何が幸運をもたらすかわかったものではない。

 ターザンギャルドで生活の面倒をみれなくなった時、彼はすぐに派遣会社に登録。そして朝7時前には家を出て毎日「野良仕事」(本人の弁)をするようになったのだ。

 いわゆる「単純力仕事」のことである。それによって正直、顔がひきしまった。もともとハンサム系の歌さんは精悍な顔になり、白沢さんなんかも「渡辺謙みたいだ!」と言っていた。

 一気に変身を遂げたのだ。ただ恋愛というのは女性の方から男性を好きにならないと、そもそも成り立たないもの。

 その点、実穂さんは歌さんの魅力とその良さの発見者でもある。そこに気が付いたのが素晴らしい。

 「恋愛とは発見のことである」

 発見のない恋愛には未来はない。

 「恋愛とはゆるぎない確信のことである」

 確信のない恋愛は継続しない。

 実穂さんはこの二つを証明してみせた。もう歌さんは私のことはいっさい気にする必要はない。

 これまでは二卵性双生児のように私たちは、いつも行動を共にしてきたがそれも一応のピリオドが打たれることになった。

 いやあ、2007年の夏にこんなドラマが最後に用意されていたとは。いいことである。何かが変わりつつある。

 それだけはいえる。あしたから9月に突入か? すごい刺激になった。たぶんこのことで私にもいいことがあるだろう。

 すべて好転反応して欲しい。プラスの連鎖よ、起これである。



・「おやつ」という言葉が大いに気に入ったのだ!



 驚いたのは八兵衛である。この男はだめだ。

 人生相談を受けたが、そのすべてに私はダメ出しをした。まあ、それが八兵衛なのだが(笑い)。

 一番私が言いたいのは「こいつはまったく女心をわかっていない」ということだった。話にならない。無理だ。性格だから仕方ないかも。

 いいか、同じことは繰り返すなである。少しは学習しろである。バツ2であることをもっと反省しろ。

 でも八兵衛はたくましく生きていく才能は持っている。そこは私も認めている。基本的には面白い男。愛すべきキャラである。

 ジャン窪さんと白沢さんが早くも「ひとこと塾」の課題の原稿を送ってきた。

 ジャン窪さんは歌さんのことを知ると、9月10日の「格闘2人祭」が終わったあと、歌さんの「おめでとう会」をやろうと言ってきた。

 ウン、それは私も大賛成だ。

 早くも動き出したか。そのジャン窪さんが午後11時26分、電話してきた。

 あれ、例によってもう酔っている。

 お、彼女の有紀さんといっしょか。この彼女がまた感性が鋭いのだ。煙草は吸うし、酒もガンガン飲む人。

 有紀さんが電話に出た。案の定、少し酔っていた。

 「わたし、数字が苦手なの。だから9月15日でいい。おやつの時間、わかった? おやつの時間よ…」

 かわいいなあ、有紀さんは。要するに9月15日の土曜日、午後3時頃、ジャン窪さんと2人で立石に遊びに行くから、私にその時間をあけておいてというのだ。

 わかりました。カレンダーにちゃんと書き込みました。おやつの時間、ジャン窪&有紀コンビと。

 そういうとやっと彼女は納得したようである。常に自分の彼女は友人に紹介する。それって重要なことなのだ。

 2人だけの世界にはいりこむなである。酔った中で有紀さんに電話をさせるジャン窪さんはいいなあ。

 大好きだ。気分がよくなったのか、ジャン窪さんは「これ、日記に書いていいよ。書いて!」と言った。

 ウーン、景気いいなあ。そうこなくちゃあ。私だって有紀さんのあの「おやつ」という言葉が大いに気に入ったのだ。

 9月15日が楽しみになってきた。



・まったく今年はすごすぎる夏だった!



 それより前、7時半、ノトヤ姉妹のお姉さん、広実さんが立石のサンマルクカフェにやってきた。

 その時、広実さんがいった言葉で最も印象に残ったのは「わたし、これからターザンさんの日記に何を書かれても気にしませんから…」だった。

 歌さんと実穂さん、ジャン窪さんと有紀さん、それに広実さん。ボクらの生態系、コミュニティにあらたな動きが出てきたということか。

 そういえば長野も我々のワールドの一つだが、藤沢さんからポストカードが来て、そこには今日、8月31日、会社に退職届けを出すと書かれていた。

 そして、「まさに恍惚と不安、我に二つありの心境です」と。

 まったく今年はすごすぎる夏だった。それぞれの夏のそれぞれの人生。

 ウン、いい秋を迎えられそうな気がする。

 今日の四字熟語はもちろん交際宣言にする。

 サプライズ&ミラクルである。みんな疾走しろなのだ!

 ターザンカフェより)

 ※本日、9月1日(土)19時より、「ひとこと(一言&人事)塾」をおこないます(テーマは「お寿司」と「CD」。場所…銀座・「ルノアール」ニュー銀座店。体験入門<初回>は1500円<ドリンク代含む>。飛び入り参加OK)。

 ※「格闘2人祭」は9月10日(月)です(入場前売券はローソンチケットにて発売中!)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.