スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

狂気合体

・思い切り腹が立った!



 9月に向けてやっと2冊の本をやりとげた。

 8月にはそれにかかりきり。でも、しかしこれはまだ単なる一歩にすぎないのだ。

 もう、次は何をすべきなのか? そこに頭がいっている。まずはお金を稼ぐ。それもある。生活も安定させないと自分がしたいことができない。

 競馬雑誌のインタビュー原稿も体力を消耗した。そのストレスを払うため久し振りに朝からWINS汐留に行き、競馬をやったら、全然、当たらない。

 なぜ、うまくいかないのだ。思い切り腹が立った。こんなもんやってられるかという気分になり途中、昼過ぎには家に帰った。バカ野郎である。

 3時30分、NHKのBS2でトニー賞の授賞式を6時までやっていたので、それを見る。でも、見ながらベッドの上でグーグー寝てしまった。

 目がさめた時はもうトニー賞は終わっていた。ちょっと何もする気がないなあ。再び寝るかあ。そうしよう、この1ヶ月間の疲れをとろう。

 そういえばなんだか咳が出る。別に風邪ではない。原稿を書く時、私は息を止めて書くのでそのせいかもしれない。



・白川先生は私の師だ!



 11時頃、やっと起きる。なんだ、TBSでは「世界陸上」の放映を朝から晩までやっているのか? でも11時18分で終わり。

 別に見たいテレビなんかあるわけがない。

 そうだ、最近、ある人から本をごそっとプレゼントしてもらった。

 それを読もう。別冊太陽の「白川静の世界」。サブタイトルは「漢字のものがたり」。梅原猛との対談からまず読み始める。

 白川先生はいい。私が昭和40年(1965年)、立命館大学文学部中国文学科にはいった時、私は先生の講義だけは必ずきいた。

 今から42年前の話である。白川先生の話だと「論語」で有名な孔子は実人生ではまったくの負け組。

 世の中を改革しようとしたが孔子はそれについては、ことごとく失敗、挫折の連続。もし人生に成功していたら単なる一政治家に終わっていたというのだ。

 その惨憺たる生涯と流浪の生活が、逆に思想へと結晶していった。

 つまり失敗の人生が思想を拠り所にするしかなかったということである。

 なるほどなあ。そういうことか。理屈にあっている話だ。白川先生は私の師だ。そう確信した。

 それにしても白川先生の本をプレゼントした人は、私の性格、好み、最近の傾向をホントによくわかっている。

 阿川佐和子著「無意識過剰」。池波正太郎著「新しいもの古いもの」。それにポストカードとして私が大好きなクリムト(TASCHEN)をくれた。30枚入りの一冊である。



・インテリジェンスの問題だ!



 きわめつけはこれまた私がこいつは画家として曲者と思っているゴヤ。二玄社から出ている「ロス・カプリチョス」。寓意に満ちた幻想版画の世界。

 つまり見開きの右側のページが版画、左側のページがそれを実に皮肉っぽく解説した詩のような文章が書かれている。

 この詩はまったく私向きなのだ。アフォリズム。版画とその詩を同時に合わせ一本で見るのだ。読むのだ。

 「合わせ一本」が80もあるのだ。その版画がまた狂っているのだ。狂気だ。ゴヤの狂気が大、大、大爆発しているのだ。

 これは気分転換に読むには最高の本。感性も鍛えられる。刺激を受ける。どうせ私に何かをプレゼントするなら、こういうものを持ってきて欲しい。

 大、大MVPだ。ゴヤの本なんか3200円もする。白川先生の本は2500円。阿川さんと池波さんの本は文庫。この文庫というのもいいよなあ。各467円と495円。クリムトのポストカードは500円。

 全部で7千円ちょっとか。お金の問題ではない。インテリジェンスの問題だ。私のことを好きでないとこんなプレゼントは考えられないのだ。

 白川先生と画家のゴヤかあ。いいなあ、まったくタイプの違う人間、白川先生も「狂」という字が好きなんだよなあ。

 狂気合体。そうだ、これを今日の四字熟語にしよう。

 私は競馬なんかやっている場合ではない。神は絶対に私を競馬で勝てないようにする。

 競馬に近付いた瞬間、神は私を殺す。

 くそ〜、怨むべきは神だ。それとも神は私を孔子にさせようというのか? 

 人生の失敗、挫折からフィクションの世界に向かわせるために。

 冗談じゃない。私は神に反抗する!

 ターザンカフェより)

 ※9月1日(土)19時より、「ひとこと(一言&人事)塾」をおこないます(場所…銀座・「ルノアール」ニュー銀座店。体験入門<初回>は1500円<ドリンク代含む>)。

 ※「格闘2人祭」は9月10日(月)です(入場前売券はローソンチケットにて発売中!)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.