スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

青春交換

・そうだ、来週の文章講座≠フ課題テーマを生徒に伝える…。

 まいったなあ。ついスイッチがはいってしまった。

 桜の花のつぼみ。その枝を贈ってきてくれた女性にお礼の詩でも作ろうと、日記を書いていたら完全にその気になってしまった。

 もちろん半分は遊び気分なのだが、いざそれにとりかかるとやっぱり苦戦した。ぴたっと原稿が進まなくなる。

 1時間もロスタイムができた。しかもその詩を書きあげると、一気に電圧が下がった。

 前日、文章講座≠ナあった面白いことが、頭の中から飛んで書きそこなった。

 いわゆるバテバテというやつだ。ほかのコラムも書く予定をしていたのだが、それもすべて放棄。ギブアップ!

 疲れた。こういう時は「ノトヤ」に行っておはぎ≠買いそれを食べる。糖分を補給するに限るのだ。

 そして中村中のCDをかけて聴く。

 そうだ、来週の文章講座≠フ課題テーマを生徒に伝えるのを忘れていた。

 ここで発表する。ズバリ中村中≠セ。

 これもボク流のアングル、仕掛けである。

 八木一平はいつも浦和レッズのネタ。イドーキーも同じく横浜Fマリノスのネタが多い。

 それをカットする意味で課題は中村中≠オかないだろう(笑い)。



・ところで話は変わるがボクと豪ちゃんの間では今、個人的…。

 午後3時、四谷にある喫茶「ルノアール」の会議室に行く。

 雑誌「創」がGK°珥V克彦氏、吉田豪ちゃん、それにボクを加えて『週刊ゴング』の休刊問題について座談会を企画したからだ。

 およそ2時間。いろんな角度からしゃべりまくる。ウーン、これを一体どうやってうまくまとめるのだろうか? 少し心配になる。

 そうしたら心配無用と言われてしまう。おまかせ。まかせます。すべてよろしくである。

 ところで話は変わるがボクと豪ちゃんの間では今、個人的にウインクしたらある出来事が進行中なのだ。それについては、ボクはのってみようと思っている。

 ちょっとドラマティックな話で面白いのだ。

 JR四谷駅、中央線のプラットホーム。よし、映画「松ケ根殺人事件」を新宿に見に行こう。

 そう歌さんに宣言したのに電車がこない。中央線って次から次へと電車がくるんだけどなあ。

 何? 人身事故があってダイヤが乱れている?

 でも、東京方面に行く上がりの電車はきているじゃないか? おまけに回送の特急列車が思い切り高い汽笛を鳴らして、ボクらの横を通り過ぎていった。

 失礼な汽笛だなあ。その瞬間、ボクは新宿行きをやめた。どうせ電車は遅れていてきそうにない。

 東京行きの電車に飛び乗った。



・映画や舞台を見たり、あるいは美術館や展覧会を見に行く。

 夕方6時過ぎ、立石に到着。

 駅前のイトーヨーカ堂で買い物をして帰る。

 アジの開き≠買った。う・れ・し・い。

 家の門の前に自転車を止めると、となりの家のおじさんが「きのうの昼、テリー伊藤さんのラジオに出ていましたね。ウチのもの(カミさん)がほら、となりの人、となりの人よと教えてくれたんです」と言った。

 ああ、ニッポン放送を聴いてきたのか。

 月曜日からの疲れをとるため7時からの3時間、休養をかねてベッドで寝た。

 歌さんと電話で雑談をしたあと、谷賢に電話する。

 なんだと今、中村中のCDをきいていたのか?

 アルバムを買ったんだ。

 いいタイミングだなあ。ボクの中では2007年のファーストインパクトは中村中に尽きるのだ。

 谷賢はこれまでCDは洋楽しか買ったことがないと言っていた。

 しかも今回、歌詞をチェックしながら曲を聴いているという。

 よろしい。合格。

 谷賢と話をすると、ボクにはそれがいちいち面白いのだ。

 この日もボクは彼に「私的生活空間の中にプチサロンの世界を作るのだ」と教えた。

 映画や舞台を見たり、あるいは美術館や展覧会を見に行く。

 それを親しい仲間や友人と語り合うのだ。そうすると日常生活が楽しくなる。

 わかった? 谷賢。すると返ってきた言葉が傑作だった。

 「ボクの大学時代(慶應)にはそのサロンが全然なかったんです。だからボクにはそれがずっとあこがれだった…」

 「何? お前の学生生活ってなんなんだよ。信じられないなあ」

 「そうなんです。今、やっと始まったところなんです」

 無茶な男だなあ。青春不毛ゼロ地帯≠過ごしてきたのか?

 じゃあ、今週の土、日曜日は映画「松ヶ根殺人事件」を見てこい。

 そしてこれから始まるモネ展≠ニレオナルド・ダ・ヴィンチ展≠ヘすぐに見に行け。命令だ。

 そのかわりボクは君が貸してくれた池田晶子著「知ることより考えること」(新潮社)を読む。その感想会を2人でやろう。

 この池田晶子さんのことはボクは何も知らない。

 しかしなぜか本を手にした瞬間、ある予感が走った。ひとことでいうと彼女のことはボクが再生させる。

 谷賢、サロンとはそれを定義するとお互いの「才能」と「感性」と「遊び心」を物々交換≠オて楽しむ世界のことをいうのだ。

 今回、ボクとお前は中村中と池田晶子を物々交換しあったということになるのだ。これって立派なサロンのことだからな。

 行け! 自信を持て。青春メインストリートのスタートだ。

 というわけで、今日の四字熟語≠ヘ青春交換にしよう。

 谷賢26歳、ボク60歳。年齢差34かあ。面白い!

 ターザンカフェより)

※3月24日(土)19時より、第52回「シネマイッキ塾」を開催いたします(課題映画はキム・ギドク監督『絶対の愛』。参加料…300円。場所…喫茶「ルノアール」ニュー銀座店5号室。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2007/20070324190058.htm">コチラから)。

 ※次回の「格闘2人祭」は5月7日(月)です。

※ただいま「ファイト!ミルホンネット」(http://miruhon.net/)にて、ターザン山本!の最新作「桜庭VS秋山戦でわかった格闘技界の惨状〜マスコミの犯罪行為〜」と「毒を食らわば皿までも」の第1章、第2章、第3章が販売されています(購入額・「桜庭VS秋山戦〜」…315円。「毒を食らわば〜」第1、2章…840円。第3章…525円)。

 

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.