スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

「卒業課題」(2)

「『実践文章講座』を受けて」  杉浦文哉 

05年9月から始まり、7ヶ月間行われた「実践文章講座」だが、私は1月から受講した。

途中からでも入ろうと思ったのは、最初から参加していた橋口君に変化が起こっていたからである。

彼とは04年春に早稲田セミナーのスポーツライターゼミで知り合い、月に2,3回メールを出し合う仲だった。

しかし、福岡から上京してきたばかりの橋口君は裕福ではなく、娯楽にお金をかける話を聞いたことが無かった。

それが、「最近、山本さんに言われて映画や芝居を見に行こうかなと思うんです」、と昨秋頃から内容が変わってきた。お金を出し渋っていた橋口君を変えた山本さんの影響力に私は興味が沸いた。

講座では助詞の使い方や同じ単語を2度使わないといった基本的な事から、読者が追体験できるように客観的に書く事や、自分で書いた文章を見て(視覚)と読んで(聴覚)確認する事など文章を書く上で必要な事を学んだ。

市販本や、郵送で添削された中にも同じ事が書かれているが、受講生がいる中で山本さんが指摘しながら笑いものにするので、授業の方が身にしみてためになる。

さらに、自分の添削が終われば、後は他人の添削や山本さんの話で笑えるので、楽しいライヴだった。

それだけでなく、毎回終わった後の飲み会では、他の受講生からプロレスや映画などの話を聞き、自分の知らない世界を知るきっかけにもなった。

帰りの電車で話題になり初めて知った映画『ホテル・ルワンダ』を見に行き、感動でき、さらにそこで偶然会った窪田さんと飲みに行き、日本酒の美味しさを知った事も今回のおかげだ。

昨日、自宅で半年前に自分が書いた文章を読み直すと、修正箇所がたくさんあって恥ずかしくなった。

しかし、それは私自身が成長している証しである。山本さんだけでなく、この講座から私は影響を受けた。受講料の5万円は高かったが、それ以上の価値はあった。

むしろ、初回から参加したかったと講座を知らなかった事を悔やんだ。



 「文章と生き方」  窪田尚之

2005年9月2日午後7時半。貸し教室「内海」(水道橋)にてターザン山本!さんの『実践文章講座』はスタートした。

酒飲みの自分が周りの誘いに負けず毎週金曜日に通えるのだろうかと悩んだが、楽しいが芯がない生活に変化を求めて受講を決めた。

ここから延長戦を含めて7ヶ月、休むことなく講義に出席するとは自分でも思っていなかった。

「実践文章講座」には新しい出会いがある。山本さんやマネージャーの歌枕さん、受講生との交流から刺激を受けることができる。

山本さんは講座以外でもイベントを多く開催している(格闘2人祭り、シネマイッキ塾など)ので受講期間はなるべく参加。

懐に飛び込んでいけば必ず答えてくれるのが山本さんだ。おかげで山本さんの日記にも何度か“ジャン窪”として登場させてもらった。

“ジャン窪”は自分がどれだけお酒を飲んでも変わらないことから、ジャンボ鶴田(全日本プロレス・故人)の無尽蔵なスタミナと体の大きさ(100キロ超級)からのニックネーム。

今まで陰でつけられたあだ名はあるが、正面から呼んでもらえる愛称を貰ったことはなかったので歌枕さんには感謝。

これも講義後にいつも行く教室から歩いてすぐの「上海飯店」(中華料理)で飲んでいたからこそ。自分にとって「実践文章講座」は講座と食事会はセットだった。

受講生同士の仲も食事をともにすることで深まっていった。12月に入ると2次会、3次会は当たり前。プロレスや映画、芝居など講座以外の交流が増えていった。

友人と一緒に観戦・観劇などをしてディスカッションする喜びは新たな発見であった。

実は延長戦になるとは思わず、12月で習い事が終わるのがもったいなくて12月19日ホットヨガを体験。今では女性20名の中で男1人でも怯まず、週1回大量の汗をかきながらヨガをしている。

新しいことへの興味、瞬発力と行動力はこれまで以上に養われた。

山本さんの文章講座は文章の書き方を学ぶとともに生き方に影響を与える道場だった。

ターザンカフェより)

※第二期「実践文章講座」の受講生募集中!(4月13日<木>〜6月26日<木>まで計12回。詳細はコチラから)。



利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.