スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

私が女性に生まれていたら、どうなっていたのだろうか?

 そろそろ結論を書こう。現代を生きる女性は心の中で“個”としての自分を生きようと思っている。

 その自分へのこだわりが彼女たちのアイデンティティになっているのは、もう間違いのない事実である。

 そうすると現実的にはなかなか結婚できなくなる。結婚はある部分、その“個”を捨てることになってしまうからだ。結婚すれば子どもができる。

 そのことによって彼女たちは母になり、育児に追われる。子どもを育てることは自分の時間をすべて子どもにとられることを意味している。

 その踏ん切りがはたしてつけられるかだ。やはり“個”としての自分に対する夢と幻想は捨てがたい。その心の葛藤は、女性だったらだれでも経験する。

 その一方で女性は“幸せ”を求める。この幸せはもちろん、女として生まれたことがもたらしてくれる“女の幸せ”のこと。

 つまり、愛の充足感のことである。個としての自分を追及することと、愛という名の幸せの二つを同時に手にすることは非常にむずかしい。

 それって、相反するところがあるからだ。まさしく“個”と“幸せ”そして“個”と“愛”との間で彼女たちの心は揺れる。

 こうして現代を生きる女性は全員、自分にとっての生き方、それを人生のテーマとして生きているのだ。

 要するに仕事に生きるか? 愛に生きるか? 幸せに生きるか? ひとりで生きるのか? 家族で生きるのか? である。

 一番いいのはホントに好きな人に出会えることである。それもまた可能性的にはかなりきびしいものがある。

 私がもし女性に生まれていたら、どうなっていたのか? 想像しただけで自分には無理かも・・・。



ターザンカフェより)

★3/21(土)19:00より”シネマイッキ塾”をおこないます。課題映画「ダウト〜あるカトリック学校で〜」(http://www.movies.co.jp/doubt/)、参加費1,000円(映画代、ドリンク代は自己負担)、場所:喫茶室「ルノアール」ニュー銀座店(電話番号(03)3567-3655)、住所:中央区銀座2-8-15共同ビル銀座通り2F

★2009.04.06 mon at.LOFT PLUS ONE
格闘技トーク最強タッグ!!
ターザン山本と吉田豪の格闘二人祭!! 〜09'春〜

全格闘技ファン絶対必見!!
話題騒然の格闘技トーク最強タッグ、ターザン&豪が毎回乱入するマル秘豪華ゲスト達とシュートで激突する大ブレイク暴走ガチンコ格闘技トークバトル!! 今回は誰が乱入するのかっ!?

【出演】ターザン山本&吉田豪、豪華マル秘ゲスト達乱入!!
Open18:30/Start19:30
前売¥2500/当日未定(共に飲食別)
前売はローソンチケットにて3/6発売開始
【L:33798】


<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.