スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

朝青龍と白鵬ではどっちが悪い?

 大相撲の「夏場所」は琴欧洲の初優勝で盛り上がった。それに反して千秋楽の結びの一番、横綱同士の一戦では両者が土俵上でケンカを仕掛けるという場面があり、これがいろいろと物議をかもしている。

 そこでいつも言われてくるのが、横綱の品格である。あるいは相撲自身の品格のことだ。さて、今回の件については、ある大ベテランの相撲評論家の人がテレビでこんなことを言っていた。

 「モンゴルでは、あれは客を盛り上げるための一種のパフォーマンスなんです」と。なるほど、プロレスの世界では“遺恨”はドラマになる。それを逆に売りものにしてきた。

 だったら、朝青龍も白鵬もお客を興奮させるサービス精神のつもりでやっているのか? そう考えると非常にスッキリする。

 相撲で頂点に立ったものならそれぐらいのことは考える。まして、2人は日本人ではない。外国人なのだ。

 ただ、大相撲の世界ではそのパフォーマンスは認めていない。相撲道の理屈からすると、完全にNOなのだ。

 大鵬親方など、その考えをしつこいほど言っている。横綱たるものはかくあるべしと。みっともないことはするな。恥ずかしいようなことはするなである。

 他の力士の模範となれ。そして、土俵では自分を出すな。感情は表に出すなである。それってすごく人間的なものなのだが、相撲の世界は己を殺すことをよしとしているのだ。

 結局、相撲は形式や品格を重んじる世界。そのことを最大のフィクションとしてきたから、相撲は日本の“国技”になったのだ。

 そこをはずしたら、相撲が相撲でなくなる。単なるリアリズムの世界になってしまう。フィクションとは虚構のことである。

 品格は、実をいうとすべて虚構なのだ。その虚構を美意識として、美学として生きれるかどうかだけが問題なのだ。

 だがモンゴル人の2人は本音では、相撲も土俵も力だけが問題とされる実力測定場所であり、また同時にお客を相手にした興行と考えている。

 彼らに、実体なき品格を求めること自体がそもそもナンセンスなのだ。だから、朝青龍こそ相撲界の革命的存在といえるのだ。なにしろ品格自体と闘っているのだから・・・。


ターザンカフェより)

★7/14(月)ロフトプラスワン
格闘技トーク最強タッグ!!
格闘ホームレス・ターザン山本!と吉田豪の格闘二人祭り!!〜08’夏〜
全格闘技ファン絶対必見!!話題騒然の格闘技トーク最強タッグ、ターザン&豪が毎回乱入するマル秘豪華ゲスト陣とシュートで激突する大ブレイク暴走ガチンコ格闘技トークバトル!!今回は誰が乱入するのかっ!?【出演】ターザン山本!&吉田豪、豪華マル秘ゲスト達乱入!!Open18:30/Start19:30前売\2500/当日未定(共に飲食別)(※お恵みフリー)前売はローソンチケットにて6/14発売開始(Lコード:34945)

★ ターザン山本! のポッドキャスト:http://tarzanpod.cocolog-nifty.com/blog



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.