スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

タイソンのK‐1参戦が決定したが…。

イラクの人質にあっていた日本人3人が解放された。ボクはプロレス&の格闘技の仕事をやっているので、これに関してピンときたことがある。

4月15日の朝、急に「K‐1」から家にFAXがきて、急遽、品川にある高輪プリンスホテルでタイソンの「K‐1」参戦に関するhttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/column/200404/at00000215.html">記者会見をやるというのだ。

行ってみるとタイソンは「K‐1」のリングで試合をするという契約書にサインをしていて、それを報道陣に見せた。

ビッグニュースである。しかしその日の夜、http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye943767.html">人質解放のニュースが流れると、このタイソンの「K‐1」参戦のニュースは吹っ飛んだ。

予想通り翌日、4月16日の朝刊のスポーツ新聞の1面は“人質解放”になった。「K‐1」サイドの賭けは見事に当てがはずれた。

間が悪い。あせっているのか? いやそれは違う。契約書のサインは4月12日にすでに「K‐1」の事務所に届いていたのだ。

じゃあ、なぜ13日とか14日にすぐやらなかったのかということになる。

間の悪さは運のなさにつながっていく。要注意と言っておこう。



世間知らずはイラク知らず!

さて人質解放の件に戻るがボクとしては次の三つを言いたい。人質にあった3人に対してである。

君たちは「世間知らず」「余計なおせっかい」「勘違い人間」だ。

世間知らずは別名、世界知らず、イラク知らずといえる。世界のこともイラクのことも何もわかっていないのだ。

こういうのをバカな性善説、無知な性善説人間と呼ぶ。そりゃもう人々に多大な迷惑をかけるよ。

迷惑をかけたということは、その人がバカだった。無知だったことの証明でもある。

人質になった人の両親はよくテレビに顔を出せる。それこそ「世間さまに申しわけない」という発想はないのか?

日本人としての美徳をあの両親たちは失っている。恥の思想の喪失である。世間知らずは恥知らずでもあるのだ。

アメリカのイラク占領政策の根底にあるのは、イラクという国をよくしたいという間違ったボランティア思想である。それがそもそもボクは、余計なおせっかいだというのだ。

人質になった彼ら3人はアメリカと同じ思想の持主。アメリカと同罪である。イラクに行って報道活動をしている人は、その情報がゼニになるから行っているのだ。

それもまた勝手なエゴイズムである。ボランティアとエゴイズムは紙一重なのだ。まったく勘違いだらけの世の中だ。

ターザン情報)

1)http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040427193032.htm">4・27永島勝司VSターザン山本inhttp://www.colosseo.jp/index2.html">コロッセオ

2)http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040503150026.htm">5・3ターザンシート

3)http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040503203010.htm">5・3トークライブ



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.