スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

第三期「実践文章講座」についてD

・基本は最大の真理なのだ。常識なのだ。我見や我流はだめ。とにかく先におぼえなければならないのは…。

文章をわかりやすく書こうとしたら、まずセンテンス(文)を短くする。

「実践文章講座」の生徒にはそれを徹底させた。

文章は読点(とうてん)の点と句点(くてん)の丸でできている。

その際、読点の数を多くしてセンテンスを長くすると、何が言いたいのかわからなくなってくる。

くどくどかつだらだらとなるだけ。まして素人の場合はなおさらだ。

一番まずいのは要するに何が書かれているのか、わけのわからない文章を書くことである。

これを世阿弥の言葉でいうと我見(がけん)と呼ぶ。

もっというなら文章を書く姿勢、態度、気持ち、心構えとして我見我執をやめさせる。

そこの部分を放棄させる。忘れさせる。

それがボクの役目でもある。仕事でもある。しかしいくら言っても我見と我執にこだわっている人がいる。面倒臭いなあ、そういう人は。

勝手にお前の我見で生きていろと言いたくなる。

そういう人間は伸びない。学んでいる間はさからうなである。

少なくとも最初は物事の基本と基礎をマスターしなければならないからだ。初めに基本ありである。

基本は最大の真理なのだ。常識なのだ。

我見や我流はだめ。とにかく先におぼえなければならないのは規定演技である。

フリー演技はそれを習得したあとからしろである。センテンスを短くすると文章にリズム感が出てくる。

また短い言葉でコンパクトに結論を言える人間になれる。そういう利点もある。読点より句点主義でいけである。

「実践文章講座」の課題フォーマットは1行を17字にしておよそ50行で、上下25行ずつにする。およそ800字から900字の中で文章をまとめる。

フリーペーパーを見ろだ。ほとんどの文章は800字で書かれている。それ以上、長くなると読者はもう読まない。

そして行変えをしつこく言う。5行から7行以内に必ず行変えをする。行変えを意識させて書かせる。

つまり5行ごとのプロットで文章を流していく。書いていく。

これがターザン山本!流の文章論の基本中の基本の第一条件なのだ!

ターザンカフェより)

※10月6日(金)に第三期「実践文章講座」の説明会を行います(参加料1000円。本講義開始は10月13日<金>から。詳細は今週金曜日に発表します)。

※9月16日(土)18時半より、第14回「ビジュツイッキ塾」を開催いたします(鑑賞展覧会は『クリーブランド美術館展』<森アーツセンターギャラリー>。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060916183010.htm">コチラから)。

※9月29日(金)19時半より、、第6回「昭和プロレス学」を開催いたします(テーマ…アントニオ猪木VSカール・ゴッチ戦。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060929193049.htm">コチラから)。

※9月30日(土)、第48回「シネマイッキ塾」を開催いたします(鑑賞映画『弓』と『イルマーレ』のいずれか1本。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060930190036.htm">コチラから)。

※次回、「格闘2人祭!!」の開催日は10月30日(月)です(チケットは9月30日<土>よりローソンチケットにて発売)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.