スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

第三期「実践文章講座」について@

・ボクがめざしている「文章講座」は栄養豊かな言語世界を身に付けてもらうことを第一目的としている。

今日から「実践文章講座」について連載する。

きのう夏季講座≠ェ終了したからだ。

次回は10月13日から第三期をスタートする。木曜日の講義を金曜日に移す。10月6日に説明会を開く。

まだあと1カ月ある。とにかく大事なことは「自分の言葉を持つ」ことなのだ。

それはすなわち自分の考えを正確に他者に伝える行為のことをいう。

会話上手。日常生活で最も大事なことはこれに尽きる。そのためには入力言語と出力言語を磨くことなのだ。

対話のことである。ダイアローグだ。相手が発した言葉を全人格的に受け止めて理解する能力のことである。

これが基本なのだ。それができない人は文章は書けない。

まず他者を知る。他者という存在がいることをわからせる。

それを徹底的に叩き込まなければいけない。生徒たちを見て感じたことは、その存在の有り方が限りなくモノローグなことだ。

善人的人見知り状態。外部や外界に対して閉じている。壁を作っている。そのことで自分を守ろうとしている。

そういう人たちには言葉はあまり必要ない。最小限度のものですんでしまう。

ボクはそれを「清貧言葉の小宇宙」と呼んでいる。

栄養失調という言い方がある。

昔、世の中が今のように豊かでなかった時、栄養が足らなくなった人のことをそう言った。

それをいうなら現代は言語失調である。引きこもりにおちいった人はその典型といってもいい。

言語が言語として機能をはたさなくなって、言語失調になったことで彼らは引きこもるしかなくなってしまうのだ。会話が不能なのだ。

ボクがめざしている「文章講座」は栄養豊かな言語世界を身に付けてもらうことを第一目的としている。

御馳走言語を知ってもらうためだ。

言語は栄養と考えるべし!

それが今日の結論である。

ターザンカフェより)

※9月29日(金)19時半より、、第6回「昭和プロレス学」を開催いたします(テーマ…アントニオ猪木VSカール・ゴッチ戦。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060929193049.htm">コチラから)。

※9月16日(土)18時半より、第14回「ビジュツイッキ塾」を開催いたします(鑑賞展覧会は『クリーブランド美術館展』<森アーツセンターギャラリー>。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060916183010.htm">コチラから)。

※次回、第48回「シネマイッキ塾」は9月23日(土)開催の予定でしたが、30日(土)に変更いたします(詳細は今週発表)。

※次回、「格闘2人祭!!」の開催日は10月30日(月)です(チケットは9月30日<土>よりローソンチケットにて発売)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.