スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

プロレス専門誌について

きのう弟子の歌枕がJR神田駅の前にある露店のスタンドで、早売りしている『週刊プロレス』と『週刊ゴング』の二つを買った。

いずれも表紙はIWGPのチャンピオンになったhttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/headlines/20040330-00000301-spnavi_ot-spo.html">ボブ・サップだった。プロレスファンからすると新日本プロレスの大事なベルトを「K‐1」に奪われたわけだ。

これは危機的事件でもある。そのことによって何がわかったかというと、もうプロレスはかつての求心力をまったく失ったということである。

サップがIWGPの王者になったことで、そのことが決定的な形で証明されてしまった。早い話、一巻の終わりである。

3月28日はその意味で「プロレスが終わった日」と名付けてもいい。現実にはプロレスは今も存在しているのだから、終わってはいないのだが、時代を引っ張っていくパワーはもうなくなった。

買ったのはいいが歌枕は家に帰っても、「週プロ」と「週ゴン」は読む気がしなかったそうである。この感覚は正しい。正常である。

プロレス週刊誌としての専門誌はここに一つの役割を終えているのだ。



先見性と予感に満ちた雑誌を作るんだ!

そうだ、「プロレスは終わった」という言い方よりも「プロレスは役割を終えた」と言い換えた方がいいかもしれない。

もう誰もチケットを買って会場で、プロレスを見なくなる。テレビでもプロレスを見なくなる。さらにレスラーにとってはきびしい状況になるだろう。プロレス雑誌が売れなくなったのは当然である。

そんな時代だからこそ私はこれからの雑誌はどうあるべきなのか? 編集者と記者は何をすべきなのかを問うために4月9日から「http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/a/2004/20040311100108.htm">新・一揆塾」をやる。

時代の転換期と混乱期に逆にチャンス到来なのだ。それは君たちにとってチャンス到来なのだ。

ボクは今から10数年前、『週刊プロレス』の編集長時代に「K‐1」が出てきた時「K‐1」は天下を盗る。うかうかしていたらプロレス界がやられると警告した。

それがやっとここに実証されたのだ。ボクはいつも早過ぎるのだ。この早過ぎるというのが実は雑誌と編集者にとって重要なキーワードでもあるのだ。

「先見性」と「予感」のことである。先見性と予感に満ちた雑誌を作るんだよ。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.