スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

21世紀はテロの時代

今週、一番の衝撃的出来事はイスラエル軍が、イスラム過激派ハマスの指導者、アハメド・ヤシン師をhttp://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-040322-0026.html">殺害したことだ。

これで中東和平は完全に崩壊状態。さらにイスラエルはアラファト議長の殺害も示唆。

これによってイスラエルとパレスチナの争いは、さらに泥沼化していく。

ボクはこのイスラエルとパレスチナの衝突が、現代という時代の象徴だと思っている。

この両者は第三者がどうにもできないほど根源的対立を繰り返しているのだ。

もうここまできたらどちらか一方が、他方を完全に壊滅させるしか方法がない。

そこまで追いつめられている。ボクたちにとってはとても考えられない話である。

誰も他人事にしか思わないだろう。しかしボクにはそれがどうしても他人事には思えないのだ。

この世の中、つまり地球上で起きたことは、すべてボクと直結している。つながっている。

ボク自身の問題でもある。一歩間違ったらそれと似たこと、似かよったこと、同じようなことが起こりうる。起こらないはずがない。



不平等が存在する限りテロはなくならない。

たとえば一例をあげよう。『マイナーパワー』が終了した時、原稿料を2ヵ月ぶん払おうとしない人間とボクの関係は、イスラエルとパレスチナの関係と同じだ。

一歩、間違うとプライベートテロに向かう可能性だってあるのだ。

この手の話はボクらの日常生活の中には山ほどある。常にボクらの世界は危険がいっぱいと考えた方がいい。

21世紀はボク的には“テロの時代”と思っている。みんなテロを特定の人たちがやっているものと思っているが、それがそもそも大きな間違いなのだ。

不平等が存在する限りテロはなくならない。アメリカが勘違いしているのは、チャンスは平等にしてオープン。フェアにしてフリーなのだから結果が不平等になって、勝ち組と負け組みが出るのは仕方がないという思想。

それがアメリカのエゴなのだ。ボクからするとチャンスそのものが多くの場合、不平等になっているからだ。これがアメリカのからくりである。

チャンスが平等ではないとしたらすべてが不平等ということになる。ボクはこの点で反アメリカである。チャンスがないと思った者しか絶対に自爆テロはしないのだ。

ターザン情報)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/a/2004/20040311100108.htm">新・一揆塾塾生募集



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.