スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

ライブドアショックについて。

・とにかく急激に会社を大きくしていくには、どこかに必ず無理があるということである。さらに…。

ホリエモン、大ピンチ!

ピンチを超えてもはや一巻の終わりだ。テレビではさかんにライブドアショック≠ニいう言葉を使っていた。

粉飾決算疑惑というのは最悪である。そのことで東証は全銘柄の取り引き中止するという異常事態におちいった。

マスコミの話題を一身に浴びてきた堀江貴文社長は今後どうなるのだろうか? これについてはいろんなことが言えると思う。

とにかく急激に会社を大きくしていくには、どこかに必ず無理があるということである。

さらにもう一つ言えることは世の中でのしあがっていこうとした時、持たざるものはなんらかの形で反則技を使うことである。

そうしないと成功しないのだ。まじめなことをやっていたり、まっとうなことをしていたり、正しいことをやっていたら大きな成功は絶対に手にできない。

それは言えるのだ。だからといって偉大な成功者がみんな悪いことをしていると言っているのではない。

奇麗事では決して成功はつかめないというのが、ボクの考えでもある。



・成功しかけたものが途中でつまずいて失格者や敗北者になっていく姿を見せられるのは、あまり…。

あと日本の社会では目立つものは叩かれる。いわゆる「出る杭は打たれる」というやつである。堀江氏はその前にルール違反をしたことで今、大バッシングされようとしている。

完全に目立ってきたことの反動である。いやあ、これだから世の中は怖い。恐ろしい。やっぱり人間は清く正しく生きていくしかないね。

いつの時代も栄光と地獄は常に紙一重なのだ。一寸先は闇。今、マスコミを騒がせているのは、このライブドアショック≠ニヒューザーの小嶋社長にかかわる耐震強度偽装事件の二つである。

そこに共通しているのは企業人として成り上がった人間が起こした落とし穴≠ナある。成り上がっていくことがいかに大変なことか?

それは成り上がりをめざしている人間だけが知っていることなのか? 堀江社長も小嶋社長も転落した。これは完全にセーフでなくアウトだ。

成功しかけたものが途中でつまずいて失格者や敗北者になっていく姿を見せられるのは、あまり気分よいものではない。

そうなると世の中を逆転させてやろうという意識が人々の中で失われてくるからだ!

ターザンカフェより)

※1月22日(日)21時15分ごろより、東京・水道橋にある格闘技&プロレス図書館「闘道館」でターザン山本!のイベントを開催いたします。(イベント名「オレにNOAHを語らせろ! 其の四」。料金は2000円。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060122211508.htm">コチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.