スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

文相について。

・文章とはボクの結論からすると手相と同じで、書いた人の人となり≠ェすべてそこに露出しているものなのだ!

1月13日から「実践文章講座」の第2ラウンドをスタートさせる。一期生から引き続いて参加する人と、途中参加する人を混合させておこなう。

今のところ途中参加の表明者はあまりいない。まあ、それはボク的には納得している。

なぜならボクはいつも「わかる人にしかわからない」という考え方で生きてきたからだ。この方針はこれからも変えることはない。

さて、文章とはボクの結論からすると手相と同じで、書いた人の人となり≠ェすべてそこに露出しているものなのだ。

特にプロでない人が書くとそうなる。そこに実をいうと「実践文章講座」をやっていく真の意味があるのだ。

この話をきのうの夜、歌枕たちとやるき茶屋≠ナ話していたら「実践文章講座」の生徒である内田さんが「じゃあ文章とは文相≠ネんですね…」と言った。

人相、手相、文相かあ。ウン、なるほど内田さんもいいことを言った。

この言葉は内田さんの特許である。たぶん文相≠ニいう言葉を言ったのは彼が初めてだからだ。



・文章には人それぞれのくせがある。いわゆる基本をマスターしていないと地≠ェ出てしまう!

これもまた内田さんが「実践文章講座」に来ていたたまものの一つ、収穫といってもいい。はっきり言って感心させられた。

文相(ぶんそう)という言い方がいい。たしかにボクが生徒たちが書いた文章を添削している時は、まさしく文相について語っていたのだ。

文相といったらみんなすぐに「そうだ、そうだよ…」と思うはずなのだ。

文章には人それぞれのくせがある。いわゆる基本をマスターしていないと地≠ェ出てしまう。

それが文相のことである。人相がよくなるように文相もよくならないとね。それはいえる。

それもまた訓練と修行が必要。なれてくれば文相は絶対によくなるものなのだ。

いっそうのこと「実践文相講座」にネーミングを変えようか? それはやりすぎというものである。

ターザンカフェより)

※1月13日(金)より始まる「実践文章講座・延長戦」に参加ご希望の方は、ターザンカフェのメールアドレス(tarzan@ibj.co.jp)にご連絡下さい。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.