スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

世の中はまさに“プロレス”だ!

世の中はまさに“プロレス”だ。それも世界的規模に拡大しつつある。台湾で3月20日におこなわれた総統選。

前日、陳氏http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-040321-0002.html">銃撃事件によって選挙戦は一変。彼に国民の同情票が集まって大激戦の末、小差で当選した。

これなんかどうみても“やらせ”にしか思えない。たとえそれが“やらせ”でなくてもそうとらえられても仕方がないからだ。

まったく「よくやるよな!」という感じである。台湾って2300万の人口とか。まあ、それはどうでもいい。

陳氏の夫人も政治的テロとみられる交通事故で下半身不随になっているのだ。

この選挙前までは政治献金疑惑で劣勢に立たされていた陳氏だが、銃撃事件で文字通り大逆転劇を実現させた。

このやり方は“あり”だ。陳氏の投票数は647万1970票。対して連戦氏は644万2452票。

ほんとに競馬でいうと写真判定による“ハナ差”(得票率でわずか0.2ポイント差)と同じである。

いやあ、やってくれたなという印象である。これこそ総統選をワイドショーにした陳氏の圧勝といってもいい。ワイドショー的勝利といった方が正しい。

田中真紀子がプロレスをした!?

一方、田中真紀子前外相の長女に関する記事をめぐる『週刊文春』のhttp://www.excite.co.jp/News/entertainment/20040320150000/6162.html">出版禁止問題。

あれだって完全なワイドショー的ネタだ。真紀子さんはあらゆる点でマスコミを利用してきた人。

マスコミによって持ち上げられたし、また叩かれバッシングされてきた。あの人、もしマスコミが存在しなかったら何もない人なのだ。

ただの人といってもいい。あんなにマスコミやメディアに恩恵を受けている人はいない。

それで長女が離婚したことを報道されて、プライバシーうんぬんをいうのはまことにもっておかしい。

田中家にプライバシーなし。家族はそれを覚悟して生きろである。長女の離婚はマスコミにかっこうのネタを与えたいわゆる身から出た錆(さび)というしかない。

田中家がプライバシーを打ち出すのは、どうみても調子がよすぎる。理屈にあっていない。理屈にあわない気がする。

そうするとこれも“プロレス”しているのかなあと思うしかないのだ。ボクが親だったら「これは仕方ないよ」と長女にいう。

その方が絶対にダンディではないか…。真紀子さんはどん欲すぎるよ。

ターザン情報)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/a/2004/20040311100108.htm">新・一揆塾塾生募集



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.