スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

ボクんちの野良猫について

15年以上変わらないことが一つ

今の家に住んでもう15年以上になるが、一つだけいつまでも変わらないことがある。それは何かといったら、野良猫のたえたことがないことだ。

あれだけは不思議である。常にボクの家のまわりには、野良猫が住みついている。

どうやらボクの家の裏あたりが、彼らの住処(すみか)になっているようなのだ。そこは表通りからは完全な死角になっている。

裏にはすごく広い空き地があって、そこはある会社が持ち主なのだが、昔から何かに利用するわけでもなく、ずっと空き地のままなのだ。

コンクリートで地面をおおっているので草ぼうぼうというわけではない。最近は一部に屋根を作って何かの物置にしている。

まわりを塀で囲っているのでそこには誰もはいれないので、野良猫には逆に安全な場所になっているというわけである。



猫も顔、色、形で運命が決まる

その裏からひょこひょこ出て来て、ボクの家の玄関の下から中をのぞく。餌をくれというわけだ。

餌付けをすることがくせになってしまっているボクとしては、彼らにキャットフードを与えることが日常になってしまった。

野良猫には餌をやるのかそれともやらないか、これはもうどちらかにするしかないのだ。ボクはやる方をとってしまった以上、もはや宿命である。

できるだけカリカリのキャットフードにする。缶詰めを与えるとぜい沢になるからだ。そのへんは非常にむずかしいのだ。

今、餌の担当係は下宿人の西野君がやっているので、その点でボクは助かっているのだ。

猫はすぐに大きくなる。大人になる。よって繁殖の回転が早い。真冬の寒さと真夏の暑さが彼らの天敵である。目にやにができたりエイズにかかったり、歯が弱くなった野良をみるのが一番つらい。

前のカミさんは家に11匹の猫(元みんな野良)を飼っていた。彼女が家出していったのは今から7年前のこと。あの11匹の猫は今、どうなったのだろうか?

ボクは野良猫の生息しやすい建売住宅を買ってしまったのかも。猫も顔、色、形で運命が決まる。なかなかきれいな毛色の猫と顔のかわいい猫はいないものである。

ボクは“猫物語”ぐらいならいつでも書けるような気がしているのだが…。なにしろボクは15年間、餌をやり続けているのだ。

ターザン情報)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/a/2004/20040311100108.htm">新・一揆塾塾生募集

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/a/2004/20040308113532.htm">3・13&20出張版一揆塾開催!

※明日、3・14K‐1新潟大会の試合レポートをアップします(午後10時ごろ予定)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.