スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

2005年のボクのキーワード。

ボクが会社を作るということでいろんなところから反響があった。会社名は「ターザン山本!事務所」である。

といってもこれは借金返済が第一目的。しかるのちに仕事で成功しようという腹である。今は1円でも会社を設立できる時代になったので、その点では好都合になった。

700万円の借金というのはスケールが小さすぎる。少なくとも5千万円ぐらいはあってもよかった。借金に関するスケール感がない。

これはだめだ。ある人なんか3億円ぐらいの借金をしてこそ男として一人前だと言っていた。借金の金額によって新しく獲得する人生の大きさが決まるというわけだ。

700万円と5千万円と3億円では、それを取り返そうというエネルギーと情熱の絶対量はたしかに違ってくる。

700万円と3億円では人間としての追いつめられ方に決定的な差がある。

ボクの場合は友人の第三者が借金返済の計画とその実行をやってくれるわけだから、もうその人に全面的におまかせである。

それは絶対的服従を原則とする。あとはこつこつやることと一発で返すことの両面作戦でいく。

ボクは貧乏でお金がなくてもお金に困ったことはない。それだけは強味なのだ。

またいつ、どんなことがあっても猪木さん流に「どうってことねえや!」という気持ちになれるのだ。

お金は使ってこそ価値がある。それを貫き通してきた点では、ボクは間違っていない。



・一応の目標を打倒借金。しかしボクが打倒しなければならないことは、いっぱいあるのだ!

ただ競馬にそれを全部つぎこんできたのは、吉田豪ちゃんを始め多くの人がボクに「それはないよ…」と言った。

いいんだよ。もう終わったことは。この8年間、つまり50代になって競馬をやらなかったらどれだけのお金が今、手元にあるか?

それを考えたらちょっぴり自己批判か自己嫌悪になりそうになる。

でもそのお金があったとして「じゃあ、オレという存在は一体なんなんだ?」と考えたら何もないかもしれない。

だからボクは決して何も後悔していない。要はこれから何をするかである。その方が100倍大事だ。

お金があれば自分も人も幸せにできるが、その幸せがすべてというわけではない。幸せは現状維持と現状肯定が第一原則としてあるからだ。

一応の目標を打倒借金にした。しかしボクが打倒しなければならないことは、実をいうといっぱいあるのだ。

打倒××とかさあ。要はその××は多ければ多いほどいい。ということは"打倒"という二文字を呪文のように唱えて生きるのも一つの手ではある。

人間は所詮どこまでいっても"なまけ者"にできている。何かそこに負荷がないとやる気なんて起こらない。

去年、ボクのキーワードは糖尿病だった。これは健康という概念からすると、慢性的な肉体に関する借金という言い方ができる。

それに比べると2005年の今年は、お金という"ブツ"の借金がキーワードになったと考えればいい。そう、それで間違いないのだ。

ターザンカフェより)

※2・25http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2005/20050225150039.htm">第24回シネマイッキ塾が決定!(鑑賞映画はhttp://ray-movie.jp/index.php">『Ray<レイ>』)

※ターザン山本!最新刊http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/j/books.htm">『音楽と意図』(インフォバーン・刊)、2月7日全国書店にて発売!(購入はhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901873415/qid%3D1107825727/249-2590533-0868309">コチラから)



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.