スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

2・20新日プロ両国大会について。

小島が59分49秒、KOで天山に勝ちIWGPと三冠のダブル王者となった。この59分49秒の謎について考えてみたい。

ボクはその日「PRIDE」のさいたまスーパーアリーナ大会を見に行っていたので、小島VS天山戦は見ていない。

その試合を見に行った友人の話によると50分過ぎとか55分過ぎになると、館内からブーイングがあったという。

「残り時間5分!」とコールされたら、普通のファンだったら「あ〜あ、これは60分時間切れ引き分けだ…」と思ってしまう。

その時、残り10分を過ぎたあたりから天山の様子がおかしくなったというのだ。場外に落ちたあとリングに上がってこれない。

なにやらバテてしまったのかそれとも本当にのびて動けなくなってしまったのか、その真相はわからない。異常な事態になったということだけはわかったという。

それにしても59分49秒というのは微妙な数字である。あと11秒で引き分けになるからだ。

もし、仮に60分引き分けになっていたら、はたしてどうなっていただろうか? 

おそらく今はもうありえない、あるはずがない暴動が国技館で起こっていたかもしれない。

そういう危険性というか可能性はあったはずである。動けない天山。天山、君はどうしたんだよ?

スタミナ切れ? そこで関係者の人に話を聞いたら脱水症状になっていたという。汗が出ないとなるとそれは大変だ。

試合どころではない。小島からすると「天山、頼むから起きてくれ!」である。実際のところはどうだったのだろうか?



・いやあ、プロレスは真剣勝負の世界を超えている。やっぱりプロレスは奥が深いよ!!!

幸いだったというべきかレフェリーは全日本プロレスの和田京平さんだった。

京平ちゃんは誰もが認める日本一のレフェリー。こうなったらレフェリーがどう判断するかしかない。

京平ちゃんはおそらく自分の判断で動けないままの天山を見て間一髪、時間切れ寸前にKOの裁定を下したのではないか?

それはボクの推理である。プロレスは推理する楽しさがある。ファンからするとその推理は自由なのだ。

こうして引き分けになったかもしれないダブルタイトルマッチは、小島の勝利となった。

これってもう神のアングルというしかない。あるいはそれをボクの親友は「ナチュラルアングルだ!」と叫んだ。

人工的なアングルがゴッドアングルかもしくはナチュラルアングルに敗れたのだ。

それで救われたのは実をいうと新日本プロレスである。たしかにIWGPのベルトは失ったが、引き分けになっていたら逆にファンの信用を失っていた。

IWGPのベルトを取られたことであらたなドラマが、それによって始まったと思えばいい。これはおいしいよ。プロレスの神様は新日本プロレスを見放さなかったというべきだ。

いやあ、プロレスは真剣勝負の世界を超えている。やっぱりプロレスは奥が深いよ。ここの部分では格闘技はプロレスに一歩譲るしかない。

真剣勝負でも八百長でもない。それってなんといったらいいのだろうか?

ターザンカフェより)

※2・25http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2005/20050225150039.htm">第24回シネマイッキ塾が決定!(鑑賞映画はhttp://ray-movie.jp/index.php">『Ray<レイ>』)

※ターザン山本!最新刊http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/j/books.htm">『音楽と意図』(インフォバーン・刊)、2月7日全国書店にて発売!(購入はhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901873415/qid%3D1107825727/249-2590533-0868309">コチラから)



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.