スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

筒井康隆著『旅のラゴス』が口コミで人気大爆発? 昭和61年(1986年)の作品だろ?

 そんな今から31年前に出版された作品、小説が今頃、口コミで大評判? マジかよ? その文庫版を誕生日プレゼントで私にくれた人がいる。

 さっそく読んだよ。興味と好奇心。一体、どんな内容なの? まったく奇想天外な話だ。これ、SFかあ。題名どおりひとりの男が旅をする。

 根っからの放浪癖? 一種のアウトロー。普通の社会生活がまったく向かないタイプだ。無理。それなのになぜか女にモテる?

 そんなバカな。どうせ好きになられても結婚生活はできないのにね。不向き。ただこの男、なぜか死ぬまで心の中で永遠の恋人を思い描いているところが最大のミソだ。

 なんだよ、それって。アホか? まあ、そういうストーリーさ。旅、そして冒険。だから飽きない。一気に読めたよ。

 底辺にあるのは完全なロマンティシズム。まるですべてが夢だよ、夢。浮世離れ。読後の感想、印象を言うとこうなる。

 これはひと言でいえるな。つまり誰もが常に思っていることだよ。もしかしたら自分には今とは違うほかの人生があったかもしれない。

 その幻想。見果てぬ想い。そこをこの小説は微妙に刺激してくる。それにみんなやられてしまうのさ。バカヤローだ。

ターザンカフェより)

※ターザン山本!のツイッターアカウントはこちら!
https://twitter.com/tarzany

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.