スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

「ピカソ展」について。

東郷青児美術館でやっている「ピカソ展」には、みなさんもぜひ出かけて見に行って欲しい。

西新宿からすぐのところにある。美術館にはいると主催者の“ごあいさつ”という一文が載っている。この文はボクからすると名文である。

いっさいの無駄がなくてピカソという画家が、どんな人なのかきわめてわかりやすく説明されているのだ。

ボクが思わずポイントとなることをメモしたぐらいである。たとえば最初の一行は「私の作品は破壊の集積だ」というピカソ自身の言葉で始まっている。

もうこれでピカソという画家がどういう人なのかすぐにわかってしまう。キュビスムを始めとする様々な芸術革新を生み出しながらも一つの様式に安住しなかったピカソ。

生涯めまぐるしい変貌をとげながら「私は自己模倣が大嫌いだ」と語ったピカソ。そういうことがきわめて的確に書かれている。ピカソにとって作品とは日記でもあったというのだ。

目を半開きにしてピカソの絵を見ることをすすめる。

展覧会の最初の絵は接吻から始まる。ボクは男女の恋愛にとって接吻、口付け、キッスは最も重要なものだと考えている。

ピカソは接吻についてどんなイメージを持っていたのか、その絵を見ることで非常に興味深かった。

次にピカソはほとんど「女の人」「顔」「頭部」「目」を中心にして絵を描いた人だ。

特に女性しか興味ないみたいなところがある。実際には女性、サーカス、闘牛、原始美術に強い興味を持ったそうである。

あとは色の感覚である。これがまたすごくいいのだ。絶妙な感じで色を使いわけている。

天才的な色彩感覚を持っていた人である。色のバランス感覚がいい。色の力関係が面白い。

きのうの日記にも少し書いたが、目を半開きにしてピカソの絵を見ること。それをすすめる。半開きにしたあと目を大きくあける。

そしてまた半開きにする。あるいは目をほんの少しだけ開けて見るのもいい。そうするとピカソの絵がぐっと自分の方に近付いてくるのだ。

本当をいうと個々の作品をひとつずつ論じたいのだが、それがここではできないのが残念だ。みんな自分でピカソの絵を見て感じてもらうしかない。



ターザン山本!スケジュール)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040918171554.htm">第15回シネマイッキ塾

◆10・12http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20041012193040.htm">格闘二人祭inhttp://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/">ロフトプラスワン

◆10・24http://www.wrestle-aid.com/">レスリング・エイド・プロジェクト後楽園ホール大会(復活!ターザンシート)



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.