スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

糖尿病患者なら巨人は応援するな!

糖尿病という立場からプロ野球を見ると、巨人というチームは完全にNOである。

7月25日、横浜球場。巨人は横浜と試合をし、6本のホームランを打ったが、横浜に5本のホームランを打たれ、延長11回、11対9でサヨナラ負けした。

これってどういう野球かというと、糖尿病患者からすると、おいしいものをガンガン食べてカロリー計算を無視。

それでインシュリンの方もバンバンと打つのと同じ。そんなことをして糖尿病は治るはずがない。

ホームランがボクには焼肉、しゃぶしゃぶ、天ぷら、中華に見える。いや、あれは松坂牛のステーキだ。

それなのに相部屋だった患者の2人は、いつも巨人の試合結果を気にしていた。巨人ファンなのだ。

ボクは彼らに言いたい。糖尿病患者なら巨人は応援するなと。



中日と同じように糖尿病患者も残りの人生の多い少ないは別にして、守り勝つことがベストの選択なのだ。

糖尿病は人生を減点法で生きなければならない。1日の食事は1800キロカロリーに抑える。

野球の試合では最少得点で勝利に結びつけるのだ。それを実践しているのが落合中日である。

打線は弱い。よって点をとることに関しては多くを望めない。ホームランバッターがいないのだ。

だったら投手陣が踏んばるしかない。"守り勝つ"しか勝利の方程式はないのだ。

糖尿病患者も残りの人生の多い少ないは別にして、守り勝つことがベストの選択なのだ。

中日は1点でもリードすると後半のイニングは落合から岩瀬につないで1点を守り切る。

たしかに落合監督はマスコミとファンにリップサービスをしないので、地元の名古屋でも人気がないという。

それは実は野球の内容が人生減点法の糖尿病殺法のところが、ファン受けしていないのだと思う。

ボクは野球とは打ち勝つのではなく守り勝つことだと思っている。落合中日にはセリーグで優勝して欲しいのだ。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.