スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

人見君の企画書を見てオカマ4人がそれを添削したのだった

   おとつい(4月23日)の誕生日会については日記で書いた。三次会は新宿2丁目にあるオカマバー。

   そこにはテーブル席が三つあってママを含めて4人のオカマさんがいた。人見君は何を思ったのかバッグから書籍の売り込み中とかいう企画書を出してきて、それを連中に見せたのだ。

   そんなことオカマバーでする?   普通はしないよね。ジャン窪さんが面白がって「企画書を見せろ!」と言ったのがそのきっかけだ。

   そうしたらオカマさん4人がもう人見君はお客なのになんの遠慮もしない。ズバズバと企画書そのものをぶった斬り。

   たぶんそうした方がその場が盛り上がると直感で判断したようだ。企画書のテーマは放射能についてだった。

   ママなんか凄いよ。「わたしのおばあちゃんは広島で原爆にあったのよ。それなのに孫のわたしはこうして生きている。オカマになっている。おばあちゃんは結核をわずらってきたけど、放射能を浴びて逆にその結核が治ったといっていたわよ」とそんなことを言った。

   ムチャクチャだ。でも、笑うしかなかった。そんな感じで人見君の企画書はいいネタの提供になったという次第。

   あらためてオカマさんの頭の回転の速さには、私は驚かされてしまったのだった。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.